法人税申告書システム

手書き感覚で申告書の作成が行え
作成されたデータで電子申告が行えます

ICSの『法人税申告システム』は、普通法人・公益法人・協同組合・医療法人・特定目的会社といった様々な形態の顧問先様の青色・白色申告に対応しています。申告区分は、中間申告・確定申告・修正申告・予定申告に対応し、それぞれの申告区分での内容の保存し計算した金額は次回申告分に繰り越して申告書の作成が可能です。分割法人の事業所は最大2000箇所までの登録に対応しています。
入力画面は別表のイメージをそのまま再現した画面を採用しており、画面を見ながら直感的に入力して帳票作成を進めることが可能なため、手書き処理感覚で別表の作成が可能です。各別表で入力した金額はリアルタイムに自動計算されて、法人税計算の要となる別表四、別表五(一)、別表五(二)に連動されるようになっています。連動の設定は標準の項目が初期設定として搭載されている他、自在に変更することもできるようになっており、必要最小限の入力で申告書の作成が完了します。申告書の作成完了時に必要となる検算作業についても、即時計算が行なわれるため検算結果をその都度確認することができます。
作成した申告書はOCR用紙への直接印刷のほか、白紙用紙へのカラー印刷・モノクロ印刷に対応しています。また、作成した申告書の内容は簡単操作で国税・地方税の電子申告送信することができます。
企業会計の立場から法人税等を妥当な額に調整し繰延税金として計上するための税効果一覧表や、申告書で計算した国税・地方税の税額を集計した納付税額合計一覧表の作成といった帳票の作成にも対応しており、法人税申告における一連の流れをすべて網羅しております。
また、プログラムはその時々の改正にその都度対応しておりますので、アップデートして頂くことにより最新の税制・様式で申告書を安心して作成して頂くことができます。
法人税申告書