OCRシステム

OCR会計システム

OCR会計は仕訳伝票を読み取り会計データを自動生成します

コンピュータ処理の中で最も"人手"と"時間"を要するデータ入力処理。 OCR会計なら振替伝票や出納帳を起票するだけでコンピュータのデータ入力が完了したも同然です。 後は、起票された伝票をOCRが読み取り、会計データを自動生成します。
ICSの New OCR S-111 なら、1時間に6,000仕訳のスピードで正確かつ 高速に伝票を読み取り、仕訳を自動生成します。
伝票の種類もお客様のさまざまなニーズにお応えできる豊富な種類をご用意しています。 また、一般的に良く利用されているコクヨ社製の振替伝票や入・出金伝票もご利用いただけます。
OCR会計の導入は、負担の大きかったデータ入力作業を解放し、ゆとりの時間を創造し新たな業務展開の可能性を生みます。

抜群の判読率でデータ入力処理を強力に支援します

高速で読み取ったデータは抜群の判読率で仕訳を生成します。 OCR処理と同時にOCR伝票自体をカラーの原票イメージファイルとして保管しますので、 読み取りできなかった仕訳がある場合は伝票イメージが同時に表示され、 わざわざ原本の伝票と見比べる必要がなく、修正業務の利便性を高め効率的な処理が可能です。
.
修正画面
科目印が枠からはみだし読み取れなかった部分を表示し修正します
日付チェック
6月31日は暦にない日付
合計アンマッチ
貸借金額を自動計算し、会わない場合に表示します
チェックデジット機能
万一、科目を読み間違えた場合でも自動的にチェックします
諸口チェック
仕訳に諸口がある場合、諸口貸借を自動計算します。諸口貸借が違う場合は諸口アンマッチと表示します

市販のコクヨ社製伝票をご利用いただけます

顧問先が市販のコクヨ社製の振替伝票や入金・出金伝票を利用されている場合も、 その伝票をそのままご使用いただくことも可能です。 また、現在ご利用中の科目印もそのままご利用いただけます。

いつでも原始伝票が確認できます

財務処理dbの元帳検索や元帳、現預金出納帳などの画面で、 生成済みの仕訳をクリックすると、読み取った原始伝票のイメージをそのまま表示します。 わざわざ伝票を捜し出す手間もなくワンタッチで画面に同時表示することができます。

豊富な種類のOCR専用伝票をご用意しています

さまざまなニーズにお応えできますよう豊富な種類の伝票をご用意しています。
OCR-S111スペック
スキャンタイプ 自動給紙方式ADF(オートドキュメントフィーダー)
スキャニングモード 片面/両面 カラー/グレースケール/モノクロ2値
読取範囲 ADF 最大:A4縦(210mm×297mm) リーガル(8.5in.×14in.)
(長尺時)216mm×863mm 210mm×5,588mm
最少:50.8mm×54mm
原稿の厚さ 27~413g/㎡ A8サイズ以下127~209g/㎡
読取速度(A4縦) カラー ・ グレースケール  片面:60枚/分(200dpi/300dpi) 両面:120面/分(200dpi/300dpi)
モノクロ2値           片面:60枚/分(200dpi/300dpi) 両面:120面/分(200dpi/300dpi)
原稿搭載容量 80枚(A4:80g/㎡) 継ぎ足し可
インターフェース USB3.0/USB2.0/USB1.1
電圧・電圧範囲・消費電力 AC100V±10% ・ 38W以下(スリープ時1.8W以下)
外形寸法・重量 W300mm×D170mm×H163mm ・ 4.2kg
マルチフィード(重送)検出 可(超音波方式マルチフィードセンサーによる)
オプション ナンバリング  裏面インプリンタFl-728SA(黒インク)
対応OS Microsoft Vista/7/8/8.1
Microsoft WindowsServer 2003/2008/2008R2
(各OS共に32bit/64bit対応)

原票会計Sシステム

スキャナを活用して請求書や領収証を廃棄!
オフィスのペーパーレス化が実現できます。

読み込んだスキャン文書の内容がそのまま仕訳データに

原票会計Sは、日々増え続ける納品書・請求書・領収書などをスキャナで読み込ませて財務システムの仕訳データと関連付けを行うシステムです。光学文字認識(OCR)機能により読み込まれたスキャン文書は、自動的に仕訳作成され、タイムスタンプの付与を行った後は仕訳データとして会計事務所へ送信されます。今まで保管していた国税関係書類は電子化されたことで廃棄が可能になり、保管にかかっていた費用が節減・削減できます。

導入のメリット

2015年に電子帳簿保存法が改正され、3万円の金額基準や電子署名の廃止など規制が緩和されました。紙の文書の電子化はオフィスのペーパーレス化を実現するだけではなく、一元管理による業務の効率化が実現します。
国税庁HP:電子帳簿保存法について
今までは
  • 保管書類が山積み
  • 書類の保管費用が高い
  • 資料を探すのが大変
  • データ入力に時間がかかる
これからは
  • 国税関係書類を廃棄できる
  • 保管費用を節減・削減できる
  • デジタル文書を簡単に検索できる
  • 入力作業の手間が軽減される

長年のノウハウが自動仕訳を実現

原票会計Sは日常の業務で日々増え続ける請求書や領収書などの原始証憑をスキャナに読み込ませて財務システムの仕訳データとして変換する自動入力支援システムです。長年のOCR技術のノウハウと経理業務に特化した操作性に重点をおいて開発しているため、経理の知識や仕訳が分からなくても素早く仕訳データが作成できます。これで面倒な入力作業から解放され、時間を有効活用できます。

お手持ちのパソコンを使って始められます

ICS推奨のスキャナと原票会計Sシステムのみですぐに始められます。

主な特長

電話番号から勘定科目を割付け

ロゴ化された店名は電話番号を読み込み、プログラムに搭載している電話番号辞書から名称を自動的に割り出し、領収書を読み込むだけで店名・摘要・勘定科目が自動で転記されます。

帳簿との関連性を確保

原票会計Sで読み込んだスキャン文書は、当社の財務システムに仕訳データとともに転記され、仕訳日記帳、総勘定元帳といった帳簿との相互関連性を確保しています。

大量の納品書もまとめて投入

ICS推奨の据え置き型のスキャナを使用すれば1枚ずつフタを開けてスキャンしなくても、書類をまとめて差し込み口に投入すれば一気にスキャンできます。

低価格でタイムスタンプを付与

スキャナ保存制度の適用を受けるには、「一般財団法人日本データ通信協会」認定のタイムスタンプが必要です。ICSでは「原票会計S」システムのオプションとして安価にてご提供いたします。

電子取引のファイルを読み込み

インターネットや電子メールで取引した注文書や請求書は、PDF形式や画像データであればファイルを読み込むだけでOCR認識され仕訳データ化できます。

原票イメージの管理機能

読み込んだ原票イメージが簡単に管理できる機能「原票ビューア」をご用意しています。表示方法は一覧表示とスキャン文書がわかりやすい縮小画像表示から選べます。

状況に応じた送信機能

スキャン文書はUSBメモリーへの保存やメール送信ができるため状況に応じて使い分けることができます。また、クラウド経由で相手側に送信するオプション機能もご用意しています。

「読取エリア登録」で認識率向上

取引先ごとに決まったフォーマットで送られてくる納品書や請求書において「取引年月日」「取引先名」「取引金額」などの読み取り箇所を指定できます。(特許出願中)
スキャナ要件
推奨スキャナ Sシリーズ:S10,S20,S11
ScanSnapシリーズ:ix100,S1100
解像度 25.4mm当たり、200dpi以上
階調 カラー:RGBの階調はそれぞれ256階調以上
グレースケール:白から黒までの階調はそれぞれ256階調以上
スキャンの単位 書類単位(片面、裏面に記載がある場合は両面)
ファイル形式 JPEG、PDF
備考 ・推奨スキャナはICSシステムで制御できるもの
・読み込み装置は原稿台と一体型
・読み込んだ際の解像度、階調、書類の大きさに関する情報を保存
・保存した画像データはJIS×6933のテストチャート4ポイントの文字を認識可能

.