経理上手くんαシリーズ

経理上手くんαを使うと
簿記に慣れていない方でも経理が簡単です

顧問先で仕訳が分からない場合でも入力を中断せずに処理を続けられます
顧問先企業では
例えば、仕訳入力中に科目名の判断がつかない場合などは、あらかじめ用意されている『未確定科目』という科目を使用して処理を進めます。従来、科目決定が 行なえない仕訳がある場合は、その都度、会計事務所に問い合わせを行い処理を進めていましたが、この科目を使用し、詳しい内容を摘要に入力しておけば、後は会計事務所で的確な処理が行なえます。
会計事務所では
検索機能を使い、顧問先企業で入力されたマスタの『未確定科目』を検索し、摘要を見ながら科目を決定するだけで仕訳が完了します。また、検索機能はあらゆ る項目を対象としてデータの検索・抽出が行え、検索条件に対し、NOT(指定条件以外)を対象とした複雑な検索も可能にしており、目的に応じたデータの検索・抽出が瞬時に行えます。

上手くんαシリーズラインナップ

経理上手くんα 3つの入力方式が選べ、財務処理dbに対応
初めてコンピュータ処理される方も安心して処理が行えるように実務に即した出納帳及び振替伝票形式の入力画面が選択できます。入力作業は、該当項目に合わ せた選択用ウィンドウが表れ、番号を選択するだけの簡単処理。ほとんどの入力作業をテンキー部分だけで行えます。電卓機能などでより便利に。
経理上手くんαDX 出力業務がさらに充実し、財務処理dbに対応
経理上手くんαの出力業務をより充実させたパワーアップ版。法人・個人・建設・医療業務に対応し、法人・建設・医療の試算表/分析表、個人の試算表 /月別収支表、付属明細書、枝番別試算表、部門別損益計算書(枝番)、比較関連帳表などの出力が可能です。
経理上手くんαProⅡ
一般財務編
財務処理dbに対応した経理上手くんαシリーズ最上位バージョン
プロも頷く一般財務処理専用のソフトウェアです。部門処理、グラフ処理も標準装備しています。処理された財務データをCSV形式で出力でき、表形式ソフトでオリジナルの資料が作成できます。
建設上手くんαProⅡ 財務処理dbに対応した建設業システム
財務処理dbに対応し、建設業特有の会計処理に合わせたシステムは、日々の入力作業にもさまざまな効率化を図る工夫が施されています。例えば、期中におい て未成工事支出勘定で計上している場合、工事完成時に工事原価勘定への振り替え処理も一括で行え、効率的な処理を実現します。
建設上手くんαProⅡ 建設上手くんαに減価償却システムを付加した上位バージョン
財務処理dbに対応し、減価償却システムを付加した建設上手くんαの上位バージョンです。建設業特有の会計処理に合わせたシステムは、日々の入力作業にもさまざまな効率化を図る工夫が施されています。
経理上手くんαProⅡ
社会福祉法人編
会計指針・指導基準による資料作成および出力が可能
全国社会福祉協議会の科目基準に準拠した貸借対照表の科目と事業活動収支の科目を仕訳入力するだけで、資金収支計算書の切り返し仕訳を自動作成します。資金収支計算書・事業活動収支計算書・貸借対照表の同時作成が可能で、指定介護老人福祉施設等会計処理等取扱指導指針や消費税の特定収入処理にも対応しています。
経理上手くんαProⅡ
公益法人編
新会計基準に対応
貸借対照表と正味財産増減計算書の科目で仕訳を入力すると自動的に収支計算を行います。従来の公益法人会計特有の複雑な切り返し仕訳を行うことなく貸借対照表・正味財産増減計算書・収支計算書などの帳票を同時に作成することができます。
経理上手くんαProⅡ
宗教法人編
宗教法人会計の指針に沿った提出書類の作成ができる
宗教法人会計の指針に則った科目体系をベースに科目の追加・変更が簡単に行えますので、法人独自の科目体系で入力できます。貸借科目と収支科目を使用して仕訳入力するだけで、正味財産増減計算書に表す資産負債増減仕訳を自動作成します。入力業務の負担を軽減し、宗教法人会計の指針とされる計算書類を作成することができます。
経理上手くんαProⅡ
学校法人編
学校会計特有の処理に対応
学校会計特有の会計処理に対応し資金収支計算書・消費収支計算書・貸借対照表はもとより、固定資産明細書、借入金明細書、人件費支出内訳表、財産目録など多彩な書類が作成できます。また、部門処理を行うことにより詳細な会計データ管理を行うことができるとともに、予算登録にも対応し顧問先様の会計処理を行なうにあたって不可欠な予算管理も同時に行うことが可能です。
償却上手くんα 登録した資産が一目瞭然!自由設計帳票でレイアウトも自由自在
登録した資産データはツリー形式で表示し、入力項目と減価償却の計算結果を一つの画面でわかりやすく配置しています。そのため資産データを入力すると同時に計算結果を確認することができます。また、オレンジ色のボタンを押すとサポート画面が表示され、複雑な耐用年数も構造・細目を選択するだけで簡単に割り出すことができます。

インターネットメールでデータの送受信が可能です

インターネットの接続環境があれば会計事務所と顧問先様間でデータの送受信が行えます。 顧問先で作成された財務データを電子メールで受信し、会計事務所で監査後、顧問先に返信すれば、 監査済みのデータを即活用することが可能になります。また、期の途中で上手くんシリーズを導入された場合でも、 新規のデータ作成は科目設定なども含めて会計事務所で処理してもらい、作成されたデータを電子メールで受け取り すぐ処理を始めることができます。会計事務所の担当者の方が、顧問先様へ訪問しデータ収集を行う必要がなく、 時間と経費を節約できます。

クラウドならメールもメディアも必要ない

上手くんαシリーズのクラウドオプションは、クラウドを使用して会計事務所と顧問先のデータを同期します。 メールでの送受信や、メディアへの転送でデータのやりとりを行う必要はありません。 上手くんαシリーズのクラウドオプションを導入すれば常にデータを同期し、 より一層シームレスでスマートな会計処理を実現します。